県内、あすにかけ大荒れ 暴風雪、高波へ警戒を

お気に入りに登録

 秋田県内は12日から13日にかけて冬型の気圧配置が強まり、大荒れになると予想されている。秋田地方気象台は暴風雪や高波への警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、沿岸を中心に雪を伴う強風が吹き、海上は大しけとなる見込み。12日に予想される最大瞬間風速は沿岸の陸上で30メートル(最大風速18メートル)、内陸25メートル(同13メートル)。波の高さは最大7メートル。

 12日午後6時までの24時間降雪量は平野部の多い所で40センチ、山沿いで70センチに達すると見込まれている。雪は13日も降り続く見通し。

同じキーワードのイベント情報