さまようクマ:集落で(2)山里の人々、街へ移住

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
住民らが交代で保管してきた獅子頭。現在は正木さんの自宅にある
住民らが交代で保管してきた獅子頭。現在は正木さんの自宅にある

 高度経済成長の波は、由利本荘市矢島町の山あいの集落・上野平(うえのたい)の暮らしを豊かにした一方、地域の行く末に皮肉な結果をもたらした。

 最寄り駅周辺の平野部では都市化が進み、大規模工場などの働き口が次々と出来上がった。山里での不便な暮らしに見切りをつけ、勤め先のある市街地へと移り住む人が増えていった。

(全文 1055 文字 / 残り 902 文字)

この連載企画の記事一覧