さまようクマ:集落で(8)縄文期は近場にいた?

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
縄文期の梨ノ木塚遺跡から出土した遺物を説明する季子さん=横手市増田町の吉野集落
縄文期の梨ノ木塚遺跡から出土した遺物を説明する季子さん=横手市増田町の吉野集落

 季子(きし)和春さん(76)は高校を卒業後、大阪の化学メーカーで9年余り働き、生家のある横手市増田町の吉野集落に戻った。

 以来、地元の公民館で館長などを務める傍ら、半世紀にわたり地域の歴史や文化の掘り起こしに努めてきた。「一度都会に出た分、古里に対する興味が人より強いのかもしれねえなあ」

 公民館の建物は、2002年に閉校した旧西成瀬小学校の校舎。教室だった部屋は歴史や文化を伝える展示室となっている。

 その一室では、集落外れにある縄文時代の梨ノ木塚遺跡を紹介している。

(全文 918 文字 / 残り 682 文字)

この連載企画の記事一覧