西馬音内盆踊り、心一つに 羽後高生とわらび座、3月共演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
おはやしに合わせて踊る劇団員と羽後高生
おはやしに合わせて踊る劇団員と羽後高生

 秋田市の県民会館で3月17日に開かれる同館閉館記念公演「未来へのバトン」の郷土芸能の部に、羽後高校の生徒が劇団わらび座の団員と共に出演する。初の合同練習が13日、同校で行われ、本番で披露する西馬音内盆踊りの振り付けを確認した。

 「未来へのバトン」は3部構成。1部で県内の4高校が郷土芸能を披露する。羽後高は郷土芸能部員6人に運動部員3人が加わり出演することにしていたが、それでも人数が少ないとして、わらび座の団員も共演することになった。

(全文 483 文字 / 残り 264 文字)