かまくら作り、今年もスタート 横手の「職人」手際よく

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ふるさと村で始まった雪積み

 秋田県横手市の小正月行事「かまくら」(2月15、16日)に向け、かまくら作りが18日、秋田ふるさと村で始まった。市観光協会の認定を受けた「かまくら職人」が同村や横手公園などに約70基を作る。町内会などが設置するかまくらと合わせ、約100基が観光客を出迎える。

 同村と横手公園の他にかまくらが作られるのは市役所本庁舎前の道路公園、二葉町、羽黒町、よこてイースト、雄物川町の木戸五郎兵衛村。木戸五郎兵衛村の古民家では14日午後5時から、かまくらの撮影会が行われる。

 問い合わせは市観光協会TEL0182・33・7111

(全文 662 文字 / 残り 404 文字)

同じキーワードのイベント情報