おらほの加工品:恋もころん 干し芋、一口サイズに

お気に入りに登録

 無農薬で育てた地元産サツマイモをじっくり乾燥させ、干し芋にした。外側は適度に硬く、内側はしっとり軟らかい仕上がりで、異なる食感を楽しめる。横手市雄物川町の「伊藤農園」の伊藤美緒さん(39)が開発した。

 現在は試作段階で、1袋(50グラム)500円前後で売り出したい考え。県内スーパーや道の駅での販売を目指している。

 商品の問い合わせは伊藤農園TEL0182・23・1666

(全文 558 文字 / 残り 371 文字)

この連載企画の記事一覧

同じキーワードのイベント情報