漫画家協会が海賊版サイトを批判 利益むさぼると異例の声明

お気に入りに登録

 作者や出版元に無許可で作品を公開する漫画の海賊版サイトを巡り、日本漫画家協会が13日、公式サイトで「利益をむさぼっている」などと強く批判する異例の声明を発表した。

 声明は、昨年10月ごろから急激に知られるようになったある特定の海賊版サイトを念頭に置いているとみられる。「ビデオリサーチインタラクティブ」によると、アクセスした人は推定で約29万5千人に上るという。

 この海賊版サイトは、最新のものを含めた漫画単行本や雑誌の「入り口」を掲示し、クリックすると中身を無料で閲覧できる仕組み。

同じキーワードのイベント情報