男鹿フェスへの熱い思い綴る 実行委が作文コンクール

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
最優秀賞に選ばれた作文を披露する原田さん

 夏の音楽イベント「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」実行委員会が初開催した作文コンクールの表彰式が18日、男鹿市船川港のハートピアで開かれた。入賞者が作文を披露し、男鹿フェスへの熱い思いを読み上げた。

 男鹿フェスは音楽で男鹿市を盛り上げようと、地元経営者らでつくる実行委が2007年に始めた。昨年は7月29、30の2日間で過去最多の約1万5千人が訪れた。作文コンクールは10周年の節目にファンの思いを寄せてもらおうと企画。昨年秋に募集し、県内外から88作品が集まった。

(全文 511 文字 / 残り 276 文字)

同じキーワードのイベント情報