「駅メモ!」アニメは横手が舞台 人気スマホゲームをPR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市中心部のかまくらが描かれたアニメの一場面

 全国の鉄道駅を巡って遊ぶ人気スマートフォン向けゲーム「ステーションメモリーズ!」(通称・駅メモ!)のショートアニメが初めて作られ、秋田県横手市を舞台にした3話が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。JR横手駅や横手公園など、市民になじみ深い場所が数多く登場する。

 駅メモ!の開発運営会社モバイルファクトリー(東京)が、アプリの宣伝用に制作。地方の特徴的な街を舞台にしようと、いくつかの候補地から横手を選んだ。昨年9月にディレクターが市内を訪れ、風景写真を撮るなどして取材したという。

 駅メモ!はスマホの位置情報システムを使い、実在する駅を巡るゲーム。多くの駅に立ち寄ってポイントを集め、キャラクターを成長させて遊ぶ。ゲームの中で立ち寄れる場所として全国9千駅以上が設定されている。

(全文 613 文字 / 残り 267 文字)

駅メモ!ショートアニメ「横手編」 第1話