太平洋側中心に大雨 気象庁、土砂災害に警戒呼び掛け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大雨のため、冠水した岩手県釜石市の道路=9日午前

 気象庁は9日、前線を伴った低気圧の影響で、東日本と北日本の太平洋側を中心に大雨になるとして、雨や急速な雪解けによる河川の増水や土砂災害への警戒を呼び掛けた。暴風や高波への注意も必要としている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧は発達しながら日本海と東日本沿岸を進み、9日午後にはオホーツク海と日本の東へ進む見通し。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、東日本と北日本では昼前から昼すぎにかけて大雨に。気温も高くなって雪解けが急速に進む。

 関東南部では9日未明に神奈川県で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降った。

同じキーワードのイベント情報