大谷選手、能代にルーツ 親族がメジャー活躍見守る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本ハムが日本シリーズを制した2016年に大谷翔平選手から届いたサイン入りの色紙とボールを大切に保管している孝雄さん

 投打の「二刀流」で鮮烈な米大リーグデビューを飾ったエンゼルスの大谷翔平選手(23)=岩手県奥州市出身=のルーツが秋田県能代市にある。大谷選手の父方の曽祖父三蔵(さんぞう)さん(故人)は、同市北部の栗山地区出身。市内に住む親族は全米を沸かせるスター選手との縁を「誇らしい」と喜び、活躍の様子を温かく見守っている。

 大谷選手は今月に入ってメジャー初登板初勝利を挙げた後、日本人としては松井秀喜さん以来となる3試合連続本塁打をマーク。本拠地での初登板となった8日(日本時間9日)のアスレチックス戦では、7回を被安打1、12奪三振の無失点に抑え、2勝目を挙げた。

(全文 724 文字 / 残り 446 文字)