「あきた移植医療協会」が新事業 啓発団体登録を呼び掛け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
グリーンリボンサポーター募集のチラシを手にするあきた移植医療協会の担当者

 あきた移植医療協会(秋田市、佐藤滋理事長)は、移植医療の普及啓発活動に取り組む企業・団体の募集を始めた。趣旨に賛同した企業・団体を移植医療のシンボルマークにちなんで「グリーンリボンサポーター」として認定し、自主的な活動を促すという。

 協会が本年度スタートさせた新事業。「つなげよう『いのち』のリレー」をキャッチフレーズに掲げた。5月の大型連休明けからは全県でキャラバンを展開し、企業・団体にサポーター登録を呼び掛ける。

(全文 561 文字 / 残り 351 文字)