佐々木希編集長の秋田ある記:吹きガラス制作を体験【動画】

お気に入りに登録

秋田魁新報

akitavision

※写真クリックで拡大表示します
吹きガラスのぐい飲み制作にチャレンジ

 秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長の佐々木希さんが、秋田市新屋表町に昨年7月オープンした「秋田市新屋ガラス工房」を取材、工房を拠点とする若手作家の作品に触れるとともに、吹きガラス制作を体験しガラス工芸の魅力に浸った。

 工房は、市民がガラス工芸に親しめる環境づくりと、秋田公立美術大の卒業生を中心とする若手作家の活動拠点として開設された。初めて訪問した希編集長も明るく開放的な工房の造りに感心していた。

 吹きガラス室で挑戦したのは「秋田の雪景色をイメージした」(希編集長)という、白い水玉模様をちりばめたぐい飲み制作。小牟禮さんの手ほどきを受け、吹き竿(さお)で熱したガラスを膨らましたり、さまざまな工具で形を整えたりして完成。「ホームパーティーで使ってみたい」と仕上がりに満足げだった。

(全文 632 文字 / 残り 287 文字)