これが「県民歌」の踊りだ 日本舞踊の会が手ほどき【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
藤蔭洋さん(右)から踊りの振り付けを教わる参加者

 日本舞踊の「藤蔭洋の会」主催の「『秋田県民歌』踊りの教室」が25日、秋田市山王の県生涯学習センターで始まった。約30人が参加、同会代表の藤蔭洋(よう)さん(由利本荘市)らから手ほどきを受けた。

 県民歌に合わせた踊りは、2008年に死去した二代目藤蔭季代恵さん(県文化功労者)が考案した。県民歌の荘厳な雰囲気を伝える堂々とした踊り。弟子の洋さんが同会で伝承している。

(全文 454 文字 / 残り 271 文字)