住宅3棟全焼、市民センターにも延焼 鹿角市大湯【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
黒煙を上げ、炎に包まれる建物。右奥が大湯地区市民センター体育場=3日午前11時ごろ
黒煙を上げ、炎に包まれる建物。右奥が大湯地区市民センター体育場=3日午前11時ごろ

 3日午前10時ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯字権現堂、自営業橋野三之助さん(63)方から出火、木造一部2階建ての住宅兼工場約560平方メートルと、隣接する住宅2棟を全焼した。近くの大湯地区市民センター体育場と住宅の外壁なども焼いた。けが人はいなかった。

 鹿角署によると、火事ぶれを聞いて外に出た住民が、橋野さん方から火が出ているのを見つけ119番した。火元には当時、20代の長男がいたが、逃げ出して無事だった。出火原因は調査中。

 現場は同市民センターや大湯小学校の近く。約200メートル南に、先月オープンした道の駅おおゆがある。鹿角広域消防本部や地元消防団が消火に当たり、約3時間15分後に鎮火した。

 近くに住む男性(88)は「ドンドンと物がはじけるような音がしたので外に出ると、火柱が真っすぐ上がっていた。うちにも燃え移るのではないかと、気が気でなかった」と話した。