佐々木希編集長の秋田ある記:郷土の祭りにうっとり【動画】

お気に入りに登録

秋田魁新報

akitavision

※写真クリックで拡大表示します
案内役の貴志さんに支えてもらいながら幼若を上げる希編集長
案内役の貴志さんに支えてもらいながら幼若を上げる希編集長

 秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長の佐々木希さんが、秋田市のねぶり流し館を訪ね、東北を代表する祭りで重要無形民俗文化財の秋田竿燈まつりの歴史や、鍛え上げられた妙技に触れ、8月の祭り本番に思いをはせた。

 竿燈をはじめとする同市の民俗行事や芸能の保存伝承の拠点施設であるねぶり流し館。取材に対応したのは2014年竿燈妙技会個人規定チャンピオンで上米町一丁目竿燈会代表の貴志冬樹さん(24)。

 貴志さんの案内で、竿燈や土崎港曳山(ひきやま)まつり、太平山三吉神社のぼんでん祭りなどの展示を見学した希編集長。個性豊かな郷土の祭りに感心した様子だった。

(全文 649 文字 / 残り 376 文字)