秋田商と明桜が2回戦進出 春季高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【湯沢―明桜】5回裏無死一塁、明桜の山口が左越え本塁打を放つ=グリーンスタジアムよこて
【湯沢―明桜】5回裏無死一塁、明桜の山口が左越え本塁打を放つ=グリーンスタジアムよこて

 第66回春季東北高校野球県大会(県高野連主催、秋田魁新報社など後援)は20日、横手市のグリーンスタジアムよこてで、前日順延となった1回戦2試合を行った。

 秋田商は七回に秋田修英を突き放して快勝。明桜は投打で湯沢を圧倒し、七回コールド勝ちで2回戦進出を決めた。

 ▽1回戦
秋田商 6―1 秋田修英
明桜  9―0 湯沢
(七回コールドゲーム)

(全文 228 文字 / 残り 60 文字)

試合速報はこちら