松陽、大曲工、明桜、金足農が8強入り 春季高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【能代松陽―秋田商】8回表2死一、二塁、能代松陽の佐々木が右越え三塁打を放つ=大曲球場
【能代松陽―秋田商】8回表2死一、二塁、能代松陽の佐々木が右越え三塁打を放つ=大曲球場

 第66回春季東北高校野球県大会(県高野連主催、秋田魁新報社など後援)第2日は21日、横手市のグリーンスタジアムよこてと大仙市の大曲球場で2回戦4試合を行った。

 能代松陽は延長戦の末に秋田商を撃破し、大曲工は大曲農をコールドゲームで下して8強入りした。角館に競り勝った明桜、新屋に快勝した金足農も準々決勝に進出した。

 ▽2回戦
明桜   6―3 角館
金足農  7―0 新屋
(七回コールドゲーム)
能代松陽 5―3 秋田商
   (延長十回)
大曲工  8―1 大曲農
(七回コールドゲーム)

(全文 319 文字 / 残り 79 文字)