新男鹿駅、7月営業開始 道の駅「オガーレ」と同日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR男鹿駅新駅舎イメージ図
JR男鹿駅新駅舎イメージ図

 JR秋田支社は21日、移転新築事業を進めている男鹿駅(秋田県男鹿市船川港船川)の新駅舎を7月1日に営業開始すると発表した。市が新駅舎の約200メートル南に整備している複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)と同じオープン日となる。

 男鹿駅は男鹿線の終着駅。同支社によると、新駅舎は鉄骨2階建て約283平方メートル。改札や駅事務室、待合室のほか観光案内所を備える。2階部分の屋上テラスからは寒風山などが見渡せる。

(全文 423 文字 / 残り 218 文字)