花や葉でカラフルな絵 大館・長木小、植物テーマに授業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
村山准教授(左)に完成した絵を見せる児童
村山准教授(左)に完成した絵を見せる児童

 秋田県大館市上代野の長木小学校(六部勇二校長、151人)の4年生28人が21日、身近な植物の葉や花びらを使って絵を描く授業を体験した。

 秋田公立美術大学の村山修二郎准教授(48)が指導。子どもたちは画用紙を手にグラウンド周辺に散らばると、葉や花を紙にこすり付けるようにして色を付け、さまざまな絵を描いた。

(全文 432 文字 / 残り 279 文字)