漱石の自筆はがき3通発見、福井 細かな字「独リボツチデ淋イヨ」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
英国留学中の夏目漱石が、ドイツに留学した友人に宛てて書いた絵はがき。「独リボツチデ淋イヨ」(下段中央付近)などと書かれている(福井県立こども歴史文化館提供)
英国留学中の夏目漱石が、ドイツに留学した友人に宛てて書いた絵はがき。「独リボツチデ淋イヨ」(下段中央付近)などと書かれている(福井県立こども歴史文化館提供)

 英国留学中の夏目漱石が、ドイツに留学した友人に宛てて書いたはがき3通が福井市内の古書店で見つかった。「僕ハ独リボツチデ淋イヨ」。異国での孤独な思いが細かな字でつづられており、鑑定した中島国彦・早稲田大名誉教授(日本近代文学)は「ロンドンでの生活ぶりが率直に書かれた貴重な資料」としている。福井県が23日、発表した。

 3通は、漱石がロンドンに渡った直後の1900年11月から翌年8月にかけて書かれた。寄託された県立こども歴史文化館によると、1917年から刊行された全集に掲載されているが、原本は所在不明となっていた。昨年、入手した古書店から同館に連絡があった。