将棋、渡辺明棋王の就位式 「ふさわしい成績残したい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
将棋の第43期棋王就位式で賞杯を手にする渡辺明棋王=23日午後、東京都内のホテル
将棋の第43期棋王就位式で賞杯を手にする渡辺明棋王=23日午後、東京都内のホテル

 将棋の第43期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負で勝利し、6連覇を果たした渡辺明棋王(34)の就位式が23日、東京都内のホテルで行われた。謝辞で渡辺棋王は「5番勝負は紙一重だった。今後はタイトル保持者としてふさわしい成績を残していきたい」と述べた。

 式では、渡辺棋王に日本将棋連盟から就位状が、共同通信社から賞金と賞杯がそれぞれ贈られた。会場には棋王戦契約社の代表、関係者ら約160人が駆け付け、棋王の就位を祝った。

 渡辺棋王は前期、史上2人目の永世棋王を獲得。今期の5番勝負では対戦成績3勝2敗でタイトルを守った。