7人制ラグビー女子、山田が抱負 26日開幕【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
県庁を訪れ秋田大会をPRする太田委員長(左端)と山田(左から2人目)
県庁を訪れ秋田大会をPRする太田委員長(左端)と山田(左から2人目)

 秋田市のあきぎんスタジアムで26日と27日、7人制ラグビー女子の最高峰「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」第2戦秋田大会が行われる。出場する秋田市出身の山田怜(24)=東京フェニックスRC、和洋高出=ら6人が25日、県庁を訪れて大会をPRした。

 BKとして出場する見込みの山田は「チームの状態は上向き。地元秋田でプレーできることに喜びを感じながら、優勝を目指す」と話した。応対した堀井啓一副知事は「今大会はもちろん、東京五輪の代表を目指して成長してほしい」と激励した。

(全文 546 文字 / 残り 306 文字)