交通死亡事故ゼロ、五城目町が2千日 県と県警表彰

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
智田署長から顕彰状を受け取る渡辺町長(左)
智田署長から顕彰状を受け取る渡辺町長(左)

 秋田県と県警は23日、今月8日に交通死亡事故ゼロ2千日を達成した五城目町を表彰した。県内自治体では藤里町に次ぐ2番目の長さ。

 町役場で伝達式が行われ、県秋田地域振興局の小野一彦局長が県知事表彰、五城目署の智田達夫署長が県警本部長顕彰の賞状を、渡辺彦兵衛町長に手渡した。渡辺町長は「地域住民が一丸となって対策に取り組んだ結果。これからも地道に努力を続けていきたい」と述べた。

(全文 359 文字 / 残り 172 文字)

秋田の最新ニュース