山下太郎顕彰育英会、奨励賞決定 DNA構造研究者ら

お気に入りに登録

 一般財団法人・山下太郎顕彰育英会(秋田県横手市大森町、山下和男理事長)は30日、理事会を開き、本年度の学術研究奨励賞を2人に、地域文化奨励賞を1団体に贈ることを決めた。授与式は6月15日、同市大森町の山下記念館で行う。

 第29回学術研究奨励賞(副賞100万円)に選ばれたのは、甲南大先端生命工学研究所(神戸市)の講師高橋俊太郎さん(38)=秋田市出身=と、群馬大大学院理工学府助教の畠山義清さん(37)=五城目町出身。

(全文 668 文字 / 残り 458 文字)