八幡平にドラゴンアイ出現 「観光の目玉に」【動画】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八幡平山頂付近の「鏡沼」に現れた「八幡平ドラゴンアイ」=5日午前、秋田県仙北市(小型無人機から)

 秋田、岩手両県にまたがる八幡平(1613メートル)山頂付近の「鏡沼」に「八幡平ドラゴンアイ(竜の目)」が出現した。沼中心部に雪が残ったまま、周囲に雪解け水がドーナツ状にたまることで“巨大な生き物の目玉”のように見える。地元の観光協会は「観光の目玉に」とアピールする。

 例年5月下旬から6月初旬の雪解けの短い時期にしか見られない現象。5日、小型無人機「ドローン」で上空から撮影した。今後、中心部の雪にくぼみが生じさらに目玉らしくなるとみられる。

 鏡沼の観察を続ける八幡平パークサービスセンターの工藤勲さん(68)は「そばの沼は緑色に見えるのに、鏡沼はブルーに見えるのが不思議です」と魅力を語った。