秋田駅東口アリーナくわ入れ にぎわいと健康に寄与

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゲートアリーナの周辺イメージ(JR秋田支社提供)
ゲートアリーナの周辺イメージ(JR秋田支社提供)

 JR秋田支社は6日、秋田駅東口に整備するスポーツ施設「JR秋田ゲートアリーナ」(仮称)の起工式を現地で行い、関係者が工事の安全を祈った。バスケットコート2面の体育館のほか、飲食店や保育所も併設。2019年冬の完成を目指している。

 建設場所は、秋田新幹線こまち利用者の駐車場がある場所。敷地面積約2400メートル。駐車場は今月末に営業を終え、7月から建設に着手する。

 完成後は、JR秋田支社のバスケットボール部・ペッカーズや、バスケットボール男子Bリーグ・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)が練習拠点とするほか、一般の利用も受け付ける予定。体育館を挟むように、飲食店など商業テナントや山王学園(秋田市)が運営する小規模保育所が入居。秋田NHの運営会社も本社事務所を移転する。

(全文 676 文字 / 残り 339 文字)