秋田新幹線新トンネル、県が岩手に協力要請

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仙岩峠を走る秋田新幹線
仙岩峠を走る秋田新幹線

 秋田新幹線の秋田、岩手県境で検討されている新トンネル整備について、秋田県は11日、国に早期実現を働き掛けていくため岩手県に協力を要請した。本県の担当者が岩手県庁を訪れ、7月中旬に発足する期成同盟会への参加も求めた。岩手県側は「秋田県の事情はよく分かった」と回答した。

 新トンネル整備が想定されているのはJR田沢湖駅(仙北市)と赤渕駅(岩手県雫石町)を結ぶ18・1キロの区間。JR東日本が検討している。

(全文 658 文字 / 残り 457 文字)

秋田の最新ニュース