鳥海ダム事務所新庁舎に ヘリから映像リアルタイム【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
視察会で放映されたヘリコプター画像伝送システムの映像
視察会で放映されたヘリコプター画像伝送システムの映像

 国土交通省東北地方整備局鳥海ダム工事事務所(長内伸夫所長)の新庁舎が秋田県由利本荘市水林に完成し、12日、現地で視察会が行われた。通信回線の整備により、国交省の災害対策用ヘリコプターが上空から撮影した映像をリアルタイムに見られるようになり、危機管理体制が充実した。

 視察会には長谷部誠市長、市川雄次にかほ市長、今野敬二秋田河川国道事務所長ら約30人が出席。台風5号への対応で欠席した高村裕平・同整備局河川部長のあいさつを長内所長が代読し、「子吉川流域の安全と安心を確保するため、早期の鳥海ダム完成に向け、より一層事業を推進していく」と述べた。

(全文 772 文字 / 残り 500 文字)