分娩機能、10月に大館集約 かづの厚生病院

お気に入りに登録

 秋田県鹿角市議会は12日、教育民生委員会で市当局は、かづの厚生病院の分娩(ぶんべん)機能が10月1日に大館市立総合病院に集約されることを明らかにした。

 市によると、先月24日に両病院の院長と産婦人科医、県、小坂町、市の担当者が協議し、集約日を確認した。かづの厚生の産婦人科常勤医(現在2人)を大館市立に集約し、鹿角地域の妊婦の分娩は大館市立で受け入れる。

(全文 377 文字 / 残り 199 文字)

秋田の最新ニュース