globeのともしび消さぬ マーク・パンサー来県【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
「グローブのともしびをキャンプファイアに変えたい」と話すマーク・パンサー=秋田LIVESPOT2000

 音楽グループ「globe(グローブ)」のメンバー、マーク・パンサーが47都道府県を回るDJ&トークライブツアー「GLOBE GENERATION~ともし火は消さない」を展開中だ。1990年代にグローブが飛ばしたヒット曲をリメークし、健在をアピール。秋田市中通の秋田LIVESPOT2000で行われたライブでは「グローブ世代の力を借り、ともしびからキャンプファイアにしていきたい」と訴えた。

 グローブは小室哲哉(キーボード)、KEIKO(ボーカル)、マーク(ラップ)の3人で1995年デビュー。「DEPARTURES」を収録したファーストアルバム「globe」(96年)は400万枚以上を売り上げた。KEIKOは2011年にくも膜下出血で倒れ療養中。夫の小室は今年1月に音楽活動からの引退を表明した。

(全文 1110 文字 / 残り 760 文字)