ロシアの著名指揮者死去 ロジェストベンスキー氏、87歳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ロシアのプーチン大統領(左)から勲章を授与されるロジェストベンスキー氏=2017年5月、モスクワ(AP=共同)

 【モスクワ共同】モスクワのボリショイ劇場によると、ロシアを代表する著名指揮者ゲンナジー・ロジェストベンスキー氏が16日、闘病の末、死去した。87歳だった。

 1931年、モスクワで生まれた。父は指揮者、母は歌手。20歳でボリショイ劇場を指揮し、名声を得た。61~74年モスクワ放送交響楽団の音楽監督、78~81年BBC交響楽団の首席指揮者を務めたほか、82~92年にソ連文化省交響楽団を率いた。親交が深かったショスタコービッチのほか、プロコフィエフの交響曲の名指揮で知られた。

 日本でたびたび公演し、2001年には勲三等旭日中綬章を授与された。