まちの風車に親しんで 能代市でイベント、絵のコンテストも

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
風車の外壁に絵を描く子ども

 風力発電について広く知ってもらうイベント「グローバルウインドデイ」が17日、秋田県能代市の能代港大森緑地公園で開かれた。親子連れらが参加し、普段は入ることができない風車の中や関連施設を見学するなどして楽しんだ。

 風力発電の導入促進を目的に2007年に欧州風力エネルギー協会が定めた今月15日の「世界風車の日」にちなみ、風力発電事業者や市などでつくる実行委員会が14年から開いている。

(全文 480 文字 / 残り 288 文字)