はやぶさ・こまち緊急停車 走行中停電、6時間運転見合わせ【動画】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一時的な停電で停止したままの東北新幹線はやぶさ・こまち21号=17日午後6時52分、仙台市宮城野区

 17日午後1時56分ごろ、東京発新函館北斗・秋田行き東北新幹線はやぶさ・こまち21号(17両編成)が宮城県内の仙台―古川間を走行中に停電がおき、非常ブレーキが作動し緊急停車した。ほかの列車も立ち往生し、上下線で運行を約6時間停止した。このほか秋田、山形、上越、北陸の各新幹線など24本が運休、計152本に最大で5時間以上の遅れが出るなどダイヤが大きく乱れ、約15万人に影響が出た。JR東日本は、パンタグラフに何かがぶつかった痕跡があり、付近で鳥の死骸が見つかったとして関連を調べている。

 JR東によると、車両には計約800人が乗車していたが、けが人はいない。この列車の隣に上り新幹線はやぶさ22号(10両編成)を横付けし、乗客を移す対応を取った。

(全文 557 文字 / 残り 233 文字)

共同通信