「西山」歩き歴史を学ぶ 大仙市、登山愛好家ら会設立

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1回目の活動に参加した会員ら

 秋田県大仙市の通称「西山」に親しみつつ山麓の大川西根地区の歴史を学ぼうと、同市の登山愛好家らが「西山を歩こう会」(深谷久和会長)を設立した。山歩きやなべっこ遠足、歴史を学ぶ講座などを開催していく。

 西山は出羽丘陵の姫神山(387メートル)、伊豆山(208メートル)、神宮寺岳(277メートル)などを指す。四季折々の山野草をめでながら気軽に登山が楽しめる里山として、市民に親しまれている。近年はトレイルランニングの練習に市外からも多くの若者が訪れる。

(全文 764 文字 / 残り 539 文字)