ALTら21人が熱戦 県立武道館で秋田国際相撲大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
熱い戦いが繰り広げられた秋田国際相撲大会

 秋田国際相撲大会がこのほど、秋田市新屋町の県立武道館で開かれ、東北在住の小中学校や高校の外国語指導助手(ALT)、留学生ら21人が熱戦を繰り広げた。ボランティア団体「チャリティー秋田」の主催で14回目。

 米国やカナダ、オーストラリアなど8カ国の外国人と日本人1人が参加。観客から「ゴー」「カモン」などと声援が送られる中、まわし姿で激しくぶつかり合い、力強い取組を展開した。勝敗が決すると、笑顔で握手を交わし、健闘をたたえ合った。

(全文 452 文字 / 残り 237 文字)