秋田新幹線、最高速度160キロに 新トンネル整備で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仙岩峠を走る秋田新幹線こまち

 JR秋田支社の菊地正支社長は18日、秋田、岩手県境に新トンネルが整備された場合、秋田新幹線の最高速度を時速160キロ程度まで上げられるとの見通しを明らかにした。整備が検討されている区間では現在、時速80~90キロで走行しており、トンネルでルートが直線的になれば最高速度が2倍近くになるという。

(全文 397 文字 / 残り 250 文字)

同じキーワードのイベント情報