お茶会楽しみ、抹茶茶わん作り体験 北秋田・あいかわ保育園

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
粘土を指で広げて抹茶の茶わんを作る園児

 秋田県北秋田市のあいかわ保育園の年長児34人がこのほど、同市上杉のひまわり陶芸ハウスで「抹茶茶わん作り」を体験した。完成した茶わんは、来年2月に同園で開かれる「お別れお茶会」で使用する。

 同園では、お茶の作法を通じて豊かな心を育もうと茶道を取り入れている。卒園前の園児はお別れお茶会に臨み、自分で作った茶わんを使い、それまでの稽古の成果を披露している。

(全文 341 文字 / 残り 164 文字)