甘い! 湯沢サクランボ JAこまち、知事に報告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サクランボの収穫状況を報告するJAこまち桜桃部会の藤山部会長(左から2人目)ら

 秋田県湯沢市のJAこまち桜桃部会のメンバーら5人が20日、県庁を訪れ、サクランボの収穫状況を佐竹敬久知事に報告した。

 JAこまち管内では農家183戸が計48ヘクタールでサクランボを栽培している。昨年は5月15日に降ひょうが発生。管内の栽培面積の約8割が被害に見舞われ、出荷量が大幅に減少した。今年は天候に恵まれ、生育も順調として、前年比3割増の約120トンの出荷を見込んでいる。

(全文 349 文字 / 残り 159 文字)