高橋礼「チーム一丸で取った」 バドミントン祝賀会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バトミントンの女子ユーバー杯優勝と男子トマス杯準優勝を記念した祝賀会であいさつする女子主将の高橋礼華(中央)=20日、東京都港区

 バドミントンの国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯での37年ぶり優勝と男子トマス杯準優勝を記念した祝賀会が20日、東京都内で開かれ、女子主将の高橋礼華は「プレッシャーもあったが、チーム一丸となって取った結果だと思う」とあいさつした。タイとの決勝で優勝を決めた第2シングルスの奥原希望は「誰が出ても1ポイントを取れる最強のチーム編成だった」と誇った。

 男子は決勝で中国に敗れ、2014年以来の世界一を逃した。チームを引っ張った桃田賢斗は「優勝が目標で、結果は準優勝に終わったけど、日本のレベルの高さを世界に示せた大会だった」と振り返った。