BBスタジアム候補地、3カ所調査へ 「市有地に適地ない」

お気に入りに登録

 秋田市議会の一般質問で市当局は20日、サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地スタジアム整備を巡り、整備構想策定協議会の専門委員会が挙げた調査候補地3カ所以外の可能性について「市の所有地には適当な場所がない」とした。

 専門委は調査候補地として、八橋運動公園、秋田大(手形学園町)、合板製造の秋田プライウッド本社(川尻町大川反)の3カ所を提示。コンサルタント業者に適地かどうかの調査を委託し、その結果を来年2月までに県や市などに報告する。

 市企画調整課によると、3カ所以外の候補地については、29日の専門委で議題となる予定。市は、県有地や民有地で新たな提案があれば、まちづくりとの整合やコスト、交通アクセスなどを判断基準に「市の考えを示す」とした。

(全文 442 文字 / 残り 112 文字)