ハピネッツ、ペップHCと契約継続 コールビーも残留

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ペップHC
ペップHC

 バスケットボール男子Bリーグで、来季1部(B1)に昇格する秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は21日、ジョゼップ・クラロスヘッドコーチ(HC)と来季もHCとして契約することで合意したと発表した。フォワード・センターのカディーム・コールビー(28)とも来季の契約が合意した。秋田NHで選手契約を継続するのは4人目で、外国人選手では初めて。

 ペップHCはスペイン出身で、エルサルバドル代表HC(1995年)やメキシコ代表HC(2010~13年)を歴任。欧州や北米、中南米など10カ国のクラブでHCを務めた。17年に秋田NHのHCに就任し、チームを2部(B2)からB1昇格に導いた。

(全文 612 文字 / 残り 323 文字)