「秋田を軽視、不誠実」県議から批判続出 イージス入札公告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地上イージス配備の候補地である陸上自衛隊新屋演習場

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)に関し東北防衛局が21日、候補地である秋田市の陸上自衛隊新屋演習場での地質測量調査の入札公告をしたことに対し、県議会の多くの会派から批判の声が上がった。

 第2会派みらいの渡部英治氏は「スケジュールありきで配備を進めており、到底容認できない。秋田を軽く見ているのではないか」と憤慨。社民の石田寛氏も「非常に姑息(こそく)で、協力も賛成もできない。住民感情に寄り添っていない」と語気を強めた。

 つなぐ会の沼谷純氏は「県民をばかにしているとしか思えず、強い憤りを感じる。結局、これまでの説明は全て配備を進めるためのアリバイづくりということだ」と指摘。公明の田口聡氏は「住民の理解がまだ得られていない。小野寺五典防衛相の来県前日に公告することも疑問」、共産の加賀屋千鶴子氏も「疑問に答えない中での公告は不誠実。自分たちの都合で計画を強行に進める姿勢がうかがえる」と不信感を募らせた。

(全文 802 文字 / 残り 380 文字)