俳人金子兜太さんお別れの会開催 戦後の俳壇をリード

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
お別れの会で祭壇に飾られた金子兜太さんの遺影=22日午前、東京都千代田区

 戦後の俳壇をリードし、2月に98歳で亡くなった俳人、金子兜太さんのお別れの会が22日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われ、参加者が黙とうをささげた。

 お別れの会では、金子さんの姿を収めたビデオを上映し、〈湾曲し火傷し爆心地のマラソン〉などの代表句を紹介。現代俳句協会の特別顧問で発起人代表の宮坂静生さんは金子さんの戦時中の体験などに触れ「戦争は悪であり、反戦平和の維持に尽くすことが必須の仕事という信念になった」と語り、その人気は「国民詩人とでも呼びたい」とたたえた。