東芝、ACアダプター回収 発火の恐れ、344万個

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東芝が回収するパソコンのACアダプター

 東芝クライアントソリューションは22日、ノートパソコン「ダイナブック」などに使用されていたACアダプターに発火の恐れがあるとして回収、交換すると発表した。対象は国内で51万7032個、海外を含めると344万6878個になる。

 2015年5月以降に計11件の発煙、発火事故が起きており、速やかに使用を中止するよう呼び掛けている。事故によるけが人は出ていないという。

 国内の対象製品は、09年12月から12年11月に製造されたダイナブックと法人向けパソコンに同梱されていたACアダプターの一部。4機種で欧州や米国でも販売された。