延長国会、週明けから論戦へ 3日連続で首相出席

お気に入りに登録

 通常国会は週明けから論戦が再開される。7月22日までの会期延長に野党が反発して空転していたが、与野党は22日、安倍晋三首相が出席する審議を25日から3日連続で開催する方針で合意した。25日は参院予算委員会の集中審議、26日は働き方改革と環太平洋連携協定(TPP)の関連法案の委員会総括質疑、27日は今国会2回目の党首討論を実施する。森友、加計学園問題や北朝鮮対応が焦点になりそうだ。

 自民党の関口昌一、国民民主党の舟山康江両参院国対委員長が国会内で会談し、3日間の審議日程で折り合った。