全日本フィギュアは大阪で開催へ スケート連盟の事業計画

お気に入りに登録

 日本スケート連盟は22日の理事会で2018~19年シーズンの事業計画を承認し、フィギュアの全日本選手権は12月20~24日に大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開催することが決まった。

 グランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯は11月9~11日に広島県立総合体育館で行われる。GP第3戦は中国が開催を取りやめたため、欧州で実施する可能性があるという。世界国別対抗戦は来年4月でマリンメッセ福岡が会場になる。

 スピードは全日本距離別選手権が10月26~28日に長野市、全日本選手権は12月25、26日に北海道帯広市で開かれる。