柔道、山梨学院大が5連覇達成 全日本学生優勝大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子5人制決勝 龍谷大・米沢夏帆を攻める山梨学院大・新添左季(上)=日本武道館

 団体戦で争う柔道の全日本学生優勝大会第1日は23日、東京・日本武道館で行われ、体重別の女子5人制は山梨学院大が5連覇を達成し、自身の持つ最多連覇記録を更新した。優勝回数も史上最多の9に伸ばした。

 山梨学院大は決勝で龍谷大を2―1で退けた。中堅でジャカルタ・アジア大会70キロ級代表の新添左季が一本勝ちの活躍。昨年3位の龍谷大は初の決勝進出だった。3位は桐蔭横浜大と国士舘大。

 女子3人制は早大が決勝で明治国際医療大を2―0で下し、3年連続3度目の優勝を果たした。

 体重無差別の7人制で争う男子は昨年3位の筑波大や日大などが1回戦を突破。