バルセロナから乾、柴崎選手にエール にかほ出身の美容師

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美容室の客でもある乾、柴崎両選手の活躍を見守っている竹花さん=スペイン・バルセロナ(本人提供)

 スペイン第2の都市バルセロナで、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表の活躍を見守っているにかほ市出身の美容師がいる。6年前からバルセロナで美容室の店長を務める竹花孝さん(40)だ。子どもの頃から海外生活に憧れ、サッカーで有名な街に単身で渡った。店にはスペインのクラブに所属する日本代表の乾貴士選手と柴崎岳選手が来るといい「世界を驚かせてほしい」とエールを送っている。

 竹花さんは同市芹田の出身。美容室を営む母則子さん(66)の姿を見て美容師を志し、秋田経法大付高、美容専門学校を経て、都内と同市の美容室に計13年間勤めた。

 「スタンド・バイ・ミー」「ローマの休日」などの映画で欧米の街並みに魅了されて以来、暮らしてみたいという思いを捨てきれず、30歳の時に海外移住を決意。高校までサッカー部に所属していたことから、名門クラブがあるバルセロナに狙いを定めた。

 2009年にバルセロナへ渡り、会員制交流サイト(SNS)で募った日本人への訪問ヘアカットで生計を立てながら、美容室にメールを出す手探りの就職活動を展開。そんな生活をつづったSNSが現地の美容室オーナーの目に留まり、採用された。

 2年間の帰国を経て、再びバルセロナへ。12年にオーナーが出店したアジア人向け美容室の店長に就いた。スペインに拠点を置くスポーツ選手を含む現地の日本人が訪れ、乾、柴崎両選手も来店するようになった。

(全文 909 文字 / 残り 310 文字)