保育士確保へ奨学金返還を助成 秋田市

お気に入りに登録

 秋田市は、市内の保育施設に勤務する保育士・保育教諭を対象に、奨学金返還を助成する事業を始める。卒業後に大きな経済的負担となる奨学金の返済額を減らし、人材確保や若者の定住、子育て支援施策の充実を狙う。申請受け付けは7月2日から。

 市によると、補助対象は市内の民間認可保育所、認定こども園、事業所内保育施設など(95施設)に就職し、1年以上継続雇用される見込みがあることなどが条件。勤務実態や居住状況を確認した上で支給する。補助額は1人当たり5年間で最大100万円。

(全文 552 文字 / 残り 320 文字)